雨染みの靴を綺麗にする方法

更新日:2018年7月18日




革靴が雨に濡れて、その後帰宅。

翌朝、靴を見てみると。。



こんな風に、水膨れしてしまった経験はありませんか?



また、こんな風に白く雨染みになってしまうことも。。


こんな時の対処法として絶対やってはいけないこと。

天日干しをする

靴クリームを塗ってゴマかそうとする


この二つの方法を実践しても、こうした症状は決して治らないばかりか、逆に革肌を苦しめてしまうことになります。肌荒れした素肌の上に、紫外線や熱、または化粧を塗りたくってしまうようなものです。


では、どうするか。

まずは素肌を整えてあげる必要があります。


それに欠かせないのが、水です。

そう、よく言われる水洗いというやつです。



これは洗ってあげた直後です。





実は、単に洗ってあげただけでは肌荒れは治らないんですね。


さらに洗うといっても、水だけではダメです。

専用の革用シャンプーで泡立ててあげながら洗ってあげましょう。

水だけを使用すると、乾いた後に革がカチカチに硬くなってしまいますので。


そして、洗った後はそのまま乾かすのではなく、濡らして絞ったタオルか布を靴の上に乗せて、そのまま半日〜1日放置します。

お風呂から上がった後に、女性が顔にパックをするといったイメージでしょうか。


そして、その後靴が乾いた後にやっと靴クリームを塗っていくという手順になります。


すると。。



こんな感じで、かなり綺麗になります♪


以下、ビフォーアフター仕立てでお送りすると



Before