top of page

Scarpino Su Misura 【オーダーシューズ】

更新日:2023年10月4日

自分の足に合う革靴(ブランド)が分からない。

足が楽だし、最近はスポーツメーカーの革靴を履いている。


そんな革靴選びにお悩みの常連様のお悩みを解決するべく、Shoe Shine WORKSオリジナルのオーダーシューズを始めました。



Shoe Shine WORKSによるオーダーシューズ。

ブランド名はScarpino【スカルピーノ】です。



格好良さを求めてスタイリッシュなインポート靴を買ったが、細くて足が痛くなる。

履きやすさを求めてスポーツメーカーの革靴を買ったが、どこか見た目が野暮ったい。


そうした2つの悩みを同時に解決することを目指しました。

革底の高級感を備えた格好いい革靴でありながら、抜群の履きやすさも実現させました。



その秘密は何といっても細かい採寸と製法にあります。

ドイツ製のスポンジシートで足型を取り、さらにメジャーで細かく採寸。

加えてビスポークさながらの仮縫いというフィッティングの機会を作ります。


私、店主の菊池も2足程試しに作りました。

驚きの履き心地です。。いざとなれば軽快に走れます。

※紳士は革靴で走ってはいけませんが、それ位履きやすいという例えであります。

これは既製品の革底靴(何ならビスポークの革底靴)では体感できない境地でした。


語ればキリ無しですが、気になる方は店頭まで遊びにいらしてください。

出来れば、靴の1足でも磨かせていただきながら、こんな話をゆっくりさせていただければと思います。



一応、イメージが湧きやすいようにサンプルを5型用意しました。



チゼルトゥのセミブローグ。



ラウンドトゥのウイングチップ。



セミロングノーズのホールカット。



セミロングノーズのローファー。



ラウンドトゥのダブルモンク。


素材は欧州産カーフと国産キップから選べます。カラーの選択肢も豊富です。


欧州産カーフは近年の欧州既製靴には見られないキメが細かくしっとりとした質感です。

素晴らしい革質で、靴磨きをする度に愛着が高まることでしょう。


セミビスポークという形態でありながら...

値段は驚異の110,000円(Tax in)~であります。


国産キップは高級スニーカーに見られるような弾力性のある革です。

素材としても扱いやすく、靴磨きも十分に楽しめる革です。

こちらは何と99,000円(Tax in)~であります。


なぜこのような破壊的なプライスかと申しますと...

利益度外視でお値段を打ち出しているからです。


まずはより多くの方にオーダーシューズの素晴らしさを知っていただきたいと思っております。


パターンオーダーではありません。

そのような簡易な注文形式ではなく、ビスポークに近い採寸方法を取ります。

ドイツ製のスポンジシートで足型を取り、細かい採寸を施します。

さらにご希望の方には完成前に仮縫いという機会を一度設けます。


これ程の手間暇をかけて10万円前後は他ではあまり見当たらないのではないでしょうか。


10万円代の既製靴を時折でも買われているビジネスパーソンにもっと振り向いてもらえるオーダー靴が作れないかと、過去何年もそのことばかり考えておりました。


それがやっと形になりました。


昨今の物価高ですので、先ほど挙げたプライスがこの先も維持できるかは全く未定です。

原材料費や諸経費が上がり続けているこの現実はこの先も続くことが予想されます。

さすがに赤字となっては元も子もございませんゆえ。。


是非この機会に店頭レイアウトを覗きに来るだけでもお気軽にお越しください。





0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page