top of page

新規事業開始のお知らせ




Shoe Shine WORKSは長きに渡り本業である靴磨き修理業に専念して参りましたが、顧客との信頼関係の構築において、足元のお手入れだけに留まらないトータル的なスタイル提案やファッションへの関心が昔から潜在的ニーズとして存在していました。


その具現化の第一歩としてMENSクラシックウェアの #オーダースーツ #オーダージャケット の提案を大手町店にて開始します。詳細は少しずつ公開していきます。


本来はオーダーシューズから始めるべきだし、始めたい所だったのですが、なかなか私自身として納得のいく内容や業務提携先が見い出せていない状況でして、先に洋服から始めることにしました。


もともと店主自身が洋服好きということもあります。「良い物」と「値段」の相関関係を体感すべく、こと洋服という分野において、量販品から高級品、既製品から仕立品まで多岐に渡り消費体験をして参りました。


そうした経験を踏まえて思うことは数多くあり、特に近年の円安も相まって欧米ハイブランドの国内での値上がりはあまりに顕著です。


ブランドブティックでの買い物体験自体が価格に含まれていることは百も承知ですが、それ以上に「どこで買う」よりも「誰から買う」が非常に大事な時代になっているように思います。


ブランドブティックで素晴らしい買い物体験が出来れば価格に見合った消費行動になるかもしれませんが、人気なブランドや商品の看板にあぐらをかいてお客を自分よりも低く見て、雑な接客サービスをする方は意外に多いように思います。


国内ではネット通販を含め同じ物を買う場所は至る所に溢れかえっています。

よほどの限定品や人気商品でもない限り、「どこで買う」はどこでも買えるのが現状だと思います。


ですが、「誰から買うか」はネットでは探せず、自分の足で探すのも大変な労力です。

たまたま対応してくれた販売員が素晴らしければとてもラッキーだと思いますが、そうでない場合の方が確率的には高いと思います。



その点において、オーダーは採寸から生地選びまで店員とお客の間で多くのコミュニケーションが必要であり、「誰から買うか」がある意味分かりやすく見て取れる業態だと思うのです。


魅力は語り尽くせませんが、欧州の素晴らしい生地で洋服を仕立て且つハイブランドと同等の生地を用いながら、しかし値段は大幅に安い適正価格で提供ができます。さらに体に合わない既製品ではなくオーダーで仕立てた上で、です。


生地の品揃えは他の大手に遜色ありません。格好いいジャケットを最強のコスパで仕立てることができます。詳しい展開に関しては今後少しずつご紹介していきたいと思います。


#madetomeasure #ordersuit

#bespoke #bespoketailoring

0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page