雨染み・銀浮き・凸凹 靴クリーニングと靴磨き

最終更新: 2018年7月18日


本日は雨に打たれたことにより、銀浮き(凸凹)に荒れてしまった靴のクリーニングをご紹介します。

ちなみにこういった症状が出た後に、対処法として絶対やってはいけないことは…


天日干しをする

靴クリームを塗ってゴマかそうとする


この二つの方法を実践しても、こうした症状は決して治らないばかりか、逆に革肌を苦しめてしまうことになります。肌荒れした素肌の上に、紫外線や熱、または化粧を塗りたくってしまうようなものです。


では、どうするか。


まずは素肌を整えてあげる必要があります。

それに欠かせないのが、水です。

そう、よく言われる水洗いというやつです。


Before



After(水洗いクリーニング+靴磨き)



全体的にも


Before


After



今回は途中の工程を省いて、いきなりAfterをお見せしてしまいましたが…


実は銀浮き(凸凹)は、単に洗ってあげただけでは肌荒れは治らないんですね。

さらに洗うといっても、水だけではダメです。


専用の革用シャンプーで泡立ててあげながら洗います。

水だけを使用すると、乾いた後に革がカチカチに硬くなってしまいますので。


そして、洗った後はそのまま乾かすのではなく、濡らして絞ったタオルか布を靴の上に乗せて、そのまま半日〜1日放置します。


お風呂から上がった後に、女性が顔にパックをするといったイメージでしょうか。

そして、その後靴が乾いた後にやっと靴クリームを塗っていくという手順になります。


ちなみに、このクリーニング、弊社でお任せいただいた場合は、 靴磨き(1,500円〜)+雨染みケア(2,000円)=3,500円〜 といった金額で承ります。 これに送料がかかってしまう場合もありますが、先日お伝えした 往復送料が無料になる方法 を上手く駆使してあげましょう。 上記の金額でお靴を綺麗にしてしまう方法が大変お得です。 わざわざお店に持っていく手間や時間も省けます。 宅配専用サイトは、忙しい人にとっての味方です。

  • Facebook - White Circle
  • Instagram - White Circle
  • ツイッター - ホワイト丸

© 2014 シューシャインワークス合同会社