スニーカーのクリーニング

最終更新: 2018年3月9日




靴のクリーニングといえば、スニーカーを思い浮かべる方も多いかもしれません。

弊社の宅配サイトでは、「革」靴であれば何でもお手入れします。

もちろんスニーカーもお任せください。

※革でない靴=合皮素材・キャンバス生地・ビニール素材などは取扱い不可です。



例えば、上の画像のような汚れだって・・・



ご覧のようにクリーニングできます♪



なんとなく薄く汚れたつま先部分だって・・・


ご覧の白さに戻りました♪



全体的にも・・・


シャキッとなります♪


この場合の気になるお値段ですが、通常のスエード素材のお手入れ料金(2,000~2,500円)


で、済む場合が多いのですが、今回のように色が薄いスエード素材(白やベージュなど)

汚れが激しい靴に関しては、追加料金が発生する場合がございます。


水洗い(+2,000円)という工程を入れないといけないからです。

この工程をするしないの判別は弊社スタッフでないと出来ないため、水洗いというメニューは選択画面には用意しておりません。

汚れ方によっては水洗いをしなくても綺麗になる場合もあるため、あえてお客様に水洗いの選択肢の有無はご提供しておりません。


万が一、水洗いが必要と弊社が判断させてもらった場合に限り、お客様にご連絡をさせていただく仕組みとなっています。


その場合に発生してしまった追加料金は、着払いもしくは銀行振込という形でご対応いただいております。少し煩わしいと思いますが、現在はこのようなご対応にさせていただいております。


この業界の料金設定は、たとえば布団クリーニングのように、料金一本化がなかなか難しいのが現状です。


「元々の価格設定を高くして一本化してしまえばいいじゃないか。」

という声もありました。


実際に大手の他社様は、クリーニング1足○○円。まとめてさらにお買い得!3足で○○円。

という形で弊社のミニマム料金設定の倍以上の金額設定にしている例も珍しくありません。


ですが、弊社はそうする前にまずは1,000円台からの靴磨き・クリーニングをより多くの方に知ってもらいたいという方向に舵を切りました。


WEB運営費用などシステム運営維持コストが決して安くはなく、儲けという観点からは少しずれたところに現在はいますが、まずはお客様に満足していただく


このことを第一に目指してやってまいります。


しかし、万が一の追加費用発生の際に、やり取りの手間が不便だ!

そういうお声が多くなれば、またやり方を変えていく必要が出てくるかもしれません。


まだまだ至らない点は多いですが、引き続きこのShoe Shine WORKS宅配専用サイトをご利用いただければ幸いです。


よろしくお願いいたします。



  • Facebook - White Circle
  • Instagram - White Circle
  • ツイッター - ホワイト丸

© 2014 シューシャインワークス合同会社