つま先のキズ修理と鏡面磨き

更新日:2018年4月22日




引き続き、つま先の傷補修について別のお靴を事例にご紹介いたします。




靴のつま先は普段使いで履いていると、どうしても傷付けてしまうものです。

その傷が気になる気にならないは捉え方に個人差があります。


今回のようなキズは、「気になる」という方のほうが多い事例ではないでしょうか。

この場合、つま先に元々顔料加工をしてある靴であるため、靴クリームを塗っただけではキズを隠すことはできません。


そこで・・・



今回お客様が気にされた傷は深く抉れて凹凸になっています。

まずはそこを平らにすることから始めます。つまりヤスリ掛けを行ないます。


これもむやみやたらにヤスリ掛けをするわけではありません。

激しく擦ると、革自体が削れ過ぎて薄くなり、逆にその箇所が不自然になるからです。

(このヤスリ掛け自体は決して靴に良い事ではないのですが。詳しくは後述にて…)

細心の注意を払いながら作業を行います。



その後、顔料を少し含んだ着色クリームを薄く塗り込み、少し放置させます。





そして、やっと皆様も持っている(であろう)靴クリームを塗り込みます。

そして、ブラッシング→乾拭きといった具合です。


すると…




つま先の擦れキズがほとんど目立たなくなりました!


そして、さらに今回はこのキズ補修に加えて…